COM計画研究所は、道路から広場、建築、そして自然と文化等を一体として捉え、生活環境として、住民の手によるまちづくりとして育むことをめざしています。

株式会社 コム計画研究所

お知らせ

2017.4.19

築90年の古民家活用「カフェ・レストランよがんす」オープン!

カテゴリー:COMからのお知らせ, プロジェクトニュース


築90年の古民家を活用した「カフェ・レストランよがんす」(広島県三原市)が平成29年4月にオープンしました。
この事業は、平成28年3月に経済産業省の「商店街・まちなかインバウンド促進支援事業費補助金(中心市街地活性化事業)」で採択され、当社は補助金申請の業務支援や設計業務を担いました。

 

※京都府福知山市においても、築40年の元旅館を活用したゲストハウス「ノースフロントホステル」が平成29年3月にオープンを迎えました。この事業も、平成28年3月に経済産業省の「商店街・まちなかインバウンド促進支援事業費補助金(中心市街地活性化事業)」で採択され、当社は補助金申請の業務支援を行いました。

 


「カフェ・レストランよがんす」三原市本町1-7-29

■営業時間 11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
■定休日  毎週水曜日・年末年始

よがんす1
よがんす2よがんす3よがんす4


 

■三原の空き家 カフェに変身 築90年「くつろぎ提供」 

(読売新聞 平成29年4月12日)

 

三原市本町の古民家「山脇邸」が「カフェ・レストランよがんす」に改修され、オープニングセレモニーが10日、開かれた。11日に開店する。
築約90年の山脇邸は木造2階建てで、呉服屋や金融機関、乾物屋などとして使われた後、長年、空き家となっていた。三原商工会議所などが出資した会社「まちづくり三原」が、市中心市街地活性化基本計画の事業の一つとして約4000万円をかけて改修。市内で道の駅を運営する「よがんす白竜」がピザやパスタ、創作料理などを販売することになった。
関係者が出席したセレモニーで、よがんす白竜の高東浩昭社長は「安全な地元の食材を使い、40歳前後の女性をターゲットに驚きや喜び、くつろぎを提供したい」と話した。
営業時間は午前11時~午後11時。水曜定休。問い合わせは、「カフェ・レストランよがんす」(0848-29-9333)

HOMEお知らせCOMからのお知らせ > 築90年の古民家活用「カフェ・レストランよがんす」オープン!

このページの先頭へ